新築住宅で人気のキッチンパントリーとは?メリット・デメリットをご紹介の画像

新築住宅で人気のキッチンパントリーとは?メリット・デメリットをご紹介

不動産コラム

最近の新築住宅で人気の、「キッチンパントリー」ってご存じですか?


「キッチンパントリー」とは、英語の「pantry」が語源で、食品を収納する食品貯蔵庫のことです。


今回この記事では、「キッチンパントリー」のメリット・デメリット、設置後の上手な活用法や使いやすくするためのポイントについてご紹介します。


パントリー


新築住宅のキッチンパントリー:メリット・デメリットとは?


まず最初に、キッチンパントリーのメリット・デメリットについてご紹介します。


<メリット>


・キッチンがすっきりと見える


システムキッチンに備え付けの棚だけではスペース不足で、調理道具や調味料が出しっぱなしになっていたりしませんか?


キッチンパントリーがあれば収納スペースが広くなり、扉がついているので、キッチンがスッキリと見えるメリットがあります。


・買いだめができる


キッチンパントリーは、お米やドリンク、粉類やインスタント食品など、かさばる食品を収納するのにぴったりです。


買いだめができると時間の短縮と節約にもなり、家事効率が上がります。


<デメリット>


・キッチンが狭くなる場合がある


ある程度のスペースが必要で、場合によってはキッチンがせまくなる可能性もあることです。


・使いづらさでストレスになる


設置場所や高さ、奥行きなどが使いにくいと、便利な収納スペースのはずがストレスになる可能性があります。


キッチンパントリーの活用方法や使いやすくするポイントとは?


・キッチンや玄関からアクセスしやすい場所に設置する


キッチンパントリーは、壁に埋込み式の収納棚タイプと、部屋のようなウォークインタイプや通り抜けできるウォークスルータイプがあり、新築住宅ではどのタイプでも設置が可能です。


家事動線を考えて、キッチンと玄関の両方からアクセスがしやすい場所に設置しましょう。


・風通しをよくする


日本は高温多湿のため、換気ができるように設計するのもポイントです。


とくにウォークインタイプの場合は、湿気がこもりやすくなるので注意しましょう。


・棚板は可動式にする


キッチンパントリーの棚は、高さを簡単に変更できるように、固定式ではなく可動式をオススメします。


入れるものによって高さを変更できるので、とても便利です。


・種類別に分けて管理する


収納する食品は種類別に分けて分類したり、賞味期限の近いものがないか定期的にチェックするときのことを考えたりして、配置することが大切です。


100円ショップなどで売られている収納ボックスや仕切りに細かい食品をいれておくと、取り出しやすいだけでなくスッキリと見えます。


ラベルをつけると、さらに便利になりますね。


まとめ


今回は、新築住宅にあるとうれしいキッチンパントリーについてご紹介しました。


メリット・デメリット、活用するポイントなどについてご理解をいただけたでしょうか?


便利なキッチンパントリーを、新築住宅にぜひ取り入れてみてくださいね。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区・戸塚区のマンション・一戸建て物件を多数取り扱っております。


ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る