不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

不動産コラム

不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

不動産の購入に際し、一般の物件ではなく競売物件を選ぶのも一つの方法です。
一般市場価格よりも安く物件を買えるのが大きな特徴ですが、注意しておくべきポイントもあり、慎重な判断が求められます。
今回は、競売の特徴とメリットデメリットを紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産の購入には競売という選択肢がある!制度の概要や特徴を紹介

競売とは、債務者がローンの返済をできなくなった際に、担保としている不動産を債権者が差し押さえ、裁判所を通じて強制的に売却する手続きのことです。
定められた期間内で入札続きをおこない、一番高い価格で落札した方が物件を購入できます。
落札者は再販売を目的とする不動産会社が半数以上ですが、参加者に条件はなく、一般の方でも入札できます。
たとえば不動産投資のために賃貸物件一棟を買い取って経営したい方や、荷物置き場として利用できる小さな物件を探している方などにおすすめです。
最近では全国各地の競売情報を検索できるサイトがあるので、どんな競売物件があるのか調べてみるといいでしょう。

不動産で競売物件を購入するメリットデメリット

競売物件のメリットは、一般の中古物件の相場と比べて6~7割程度の安い価格で購入できることです。
また、売買が成立しにくい特殊な形状の土地や極端に狭い物件、市街化調整区域内の建物など、一般市場では流通しないような不動産が手に入ることがあります。
一方、一般の物件とは違って売主がいないため物件や鍵の引き渡しが保証されない点が競売物件のデメリットです。
通常の物件では、新たな所有者が決まると売主が物件の整備がおこないます。
しかし競売物件は所有者の名義が移転するだけで、物件の整備は購入者がすべて対応しなければなりません。
たとえば前の所有者の残置物があれば自分で処分し、部屋の破損が見つかれば費用を出して修繕する、などの対応が求められます。
前の住人が退去せず不法占拠していることがあれば、立ち退き交渉は購入者がおこなう必要があります。
また、競売物件は事前に内見ができず、住宅に隠れた欠陥や不具合が見つかった際の責任の追及ができません。
競売物件を選ぶ際は、物件の外観や周辺環境などの現地調査を念入りにおこない、慎重に判断することが重要です。

まとめ

一般の不動産会社では見られない物件を探している方や、なるべく安い価格の不動産を買いたい方は、競売物件を検討するのも一つの方法です。
しかし競売物件ならではの注意点があるので、メリットデメリットをふまえた上で選んでください。
ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区・戸塚区のマンション・一戸建て物件を多数取り扱っております。
ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

  • シングルマザーが新築購入する際の「住宅ローン」審査のポイントの画像

    シングルマザーが新築購入する際の「住宅ローン」審査のポイント

もっと見る