シングルマザーが新築購入する際の「住宅ローン」審査のポイントの画像

シングルマザーが新築購入する際の「住宅ローン」審査のポイント

不動産コラム

シングルマザーが新築購入する際の「住宅ローン」審査のポイント

シングルマザーの方が、新築マイホームを検討される際、住宅ローンを利用できるか不安に感じている場合もあるでしょう。
実際には、不利になるような心配はありません。
今回は、シングルマザーの方が、住宅ローンを利用する場合に参考になる「年収の目安」や「審査のポイント」をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

シングルマザーも新築購入で住宅ローンを利用できる?必要な年収は?

新築マイホームを購入する際、シングルマザーも住宅ローンを利用できるかについて、結論からいうと「利用可能」です。
実際に、子育てをしながら、仕事も両立し、住宅ローンを利用している女性は多くいらっしゃいます。
しかし、不利になるということはなくても、ほかの利用者と変わらない審査となりますから、「年収」で借入を判断されます。
毎月10万円単位の返済となるケースも多いので、一定の収入に届かなければ、返済が難しいと判断される可能性もあるのです。
そこで、新築購入時に住宅ローンを利用する場合、年収200万円から300万円が、ひとつの目安とされています。
月収でいうと25万円ほどが目安です。
さらに大手銀行はハードルが上がり、400万円以上が条件になっているケースもあります。
借入額としては、年収の2割から3割程度を想定するとよいでしょう。
年収が300万円なら、3割に相当する90万円が年間の返済額の上限としてイメージできます。

シングルマザーが新築購入の審査で通過するためのポイントや注意点

新築購入に住宅ローンを利用する場合、シングルマザーもそれ以外の方も、平等に判断されます。
そこで金融機関がポイントにするのは、収入のほかにも、「購入する新築物件が担保価値のあるものか」という点を重視しています。
また、ほかにも「雇用形態」や「勤続年数」、「借入時年齢」と「完済時年齢」なども判断基準です。
「雇用形態」や「勤続年数」においては、正社員は有利と考えられますが、契約社員や派遣社員であっても、勤続年数を加味して審査に通過するケースはあります。
勤務先の将来性や安定性があれば、審査にも加味されます。
一方、パートの場合は通過しにくいともいわれており、注意が必要です。
また、自己資金が多いと、収入面での評価以外に、計画性のある人物として通りやすくなるでしょう。

まとめ

新築マイホームの購入を考えているシングルマザーのなかには、審査に不安を感じている方もいらっしゃるかもしれません。
そんなときは、通過しやすいポイントをおさえながら準備したいですね。
また、自治体の助成や補助、会社の住宅手当なども賢く活用し、無駄を省いて、安定したマイホーム計画を実現したいですね。
不動産売却を検討している方は、私どもケイオー不動産株式会社お任せください。
また、売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る