新築住宅におすすめな「窓シャッター」とは?その種類やメリットをご紹介の画像

新築住宅におすすめな「窓シャッター」とは?その種類やメリットをご紹介

不動産コラム

一戸建て住宅を建築する際に、窓シャッターをつけるかどうか悩む人が少なくありません。


そこで今回は、横浜市泉区で新築住宅の購入を検討している人へ向けて、窓シャッターとはどのようなものなのか、種類やメリットについてご紹介していきます。


窓シャッター


新築住宅に窓シャッターをつけるメリットとは?


窓シャッターとは窓を外側から守るシャッターのことで、すだれのように上下に開閉して巻き上げて収納できるものです。


<窓シャッターのメリット>


・雨風から窓ガラスを守る

・犯罪を防ぐ

・熱や光を遮る


窓の外側にシャッターをつけることによって、雨風で窓ガラスが汚れたり、強風で割れたりする事故を防ぎます。


またガラスを割って侵入しようとする不審者も、シャッターがある窓は避けるでしょう。


さらに光や熱を遮断することによって、夏はエアコンの効きがよくなり、冬は冷気が入ってきにくい空間をつくれるので、省エネにもなります。


新築住宅に電動の窓シャッターをつけるメリットとは?


先ほどもお伝えしましたが、窓シャッターには2種類あり、それぞれにメリットとデメリットがあります。


窓シャッターにはガレージのシャッターと同じように、電動タイプと手動タイプの2種類があります。


・電動タイプ


ボタン操作だけでシャッターの開閉ができるタイプです。


・手動タイプ


自分でシャッターを開閉するタイプです。


<電動タイプのメリット>


なんといってもボタン操作だけという手軽さがメリットで、リモコンでシャッターを上下させて光を調整したり、夜は閉め切ったりできます。


力を使う必要がないので、小さい子どもから年配の人まで簡単に使えますよ。


ただ手動タイプと比べて、電気工事や設備にかかる費用が高額になります。


また停電の際には使えない点がデメリットといえるでしょう。


<手動タイプのメリット>


電動タイプに比べて、費用を安く抑えられます。


また電気を使わないので、停電や災害の際に動かなくなる心配がありません。


しかし自分で開閉する手間がかかり、ある程度の力も必要なので、使いにくさを感じる人もいるかもしれません。


また防犯効果も低くなる可能性があるので、注意が必要です。


まとめ


今回は、窓シャッターの種類や戸建て住宅につけるメリットについてご紹介しました。


最近ではカラーやデザインも豊富なので、外観のアクセントにもなりますよ。


しかし電動タイプをあとからつけようと思うと、工事費用が割高になります。


窓シャッターをつけたいと考えている人は、新築する際にどちらが自分に合っているか検討して、気に入ったほうを選んでみてくださいね。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。


ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る