新築一戸建てで駐車場を確保するにはどれくらいの広さが必要?の画像

新築一戸建てで駐車場を確保するにはどれくらいの広さが必要?

不動産コラム

一戸建て住宅に駐車場を確保するにはどれくらいの広さが必要?

これから一戸建て住宅を購入するなら、マイカーの駐車場の広さについても検討しましょう。
今回は、横浜市泉区で新築住宅の購入を検討している方へ向けて、駐車場の広さや選び方についてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

一戸建て住宅の駐車場は将来を見据えて広さを考える必要性がある!

マイホームに駐車場をつくった人のなかで多い失敗談は、「駐車場が狭かった」といった広さに関係するものが多いようです。
将来使い勝手が悪い駐車場にならないように、一戸建て住宅を購入する際には、スペースがどれくらい必要なのかを考えることが大切です。
そこで広さを考えるポイントをご紹介します。

●車の幅・長さ
●乗り降りする際や車椅子をおろせるスペース
●来客が来た際に停めるスペース
●カーポートの設置
●前の道の幅


現在お持ちのマイカーの幅や長さを確認し、まずは駐車できるスペースを確保する必要性がありますよね。
次に余裕を持って乗り降りできるかを確認し、親と同居の方は将来車椅子をのせる可能性がありますから、ある程度の余裕も必要です。
子どもが成長して車が増える可能性も考えれば、1台しか駐車できない広さでは将来困ります。
来客が多い家なら、来客用のスペースも考えておきたいものです。
さらにカーポートを設置するつもりでいる場合は、カーポートのポールや壁の分はスペースが狭くなることも頭に入れておくべきでしょう。
マイカー通勤をする方は、毎日車の出し入れをします。
前の道の幅も確認し、駐車がしやすいかどうかも検討してくださいね。
このように駐車場の広さを考える際には、将来のライフスタイルも視野に入れて検討する必要性がありますよ。

一戸建て住宅の駐車場の広さは駐車方法のメリットデメリットを考慮する!

一戸建て住宅の駐車場を検討する際、マイカーの駐車方法についても考えてみましょう。
そこで3通りの駐車方法について、メリットデメリットをお伝えしますね。

直角駐車

道路に対して垂直に駐車するので、台数が増えた際には道路に対して垂直に並ぶ形になります。
車の出し入れが楽な点はメリットですが、広い土地が必要です。

縦列駐車

縦に並べて駐車する方法です。
家の横に縦長のスペースをつくるので広さは確保しやすいですが、後ろの車を出したいときは面倒な点がデメリットです。

並列駐車

道路に平行に駐車する方法で、直角駐車よりは狭いスペースですみます。
しかし車を出すときには、入ってきた方向と逆にしか出られない点がデメリットです。
このようにそれぞれにメリットデメリットがあるので、建物と土地の広さを十分考慮して、どのように駐車場をつくるのかを決めてくださいね。

まとめ

一戸建て住宅の駐車場を確保するためには、将来のライフスタイルを考慮して考えることをおすすめします。
駐車方法も検討しながら、有効に土地を使って、使い勝手のよい駐車場をつくってくださいね。
ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区・戸塚区のマンション・一戸建て物件を多数取り扱っております。
ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る