不動産購入は20代でもできる!メリットと注意点をご紹介の画像

不動産購入は20代でもできる!メリットと注意点をご紹介

不動産コラム

不動産購入は20代でもできる!メリットと注意点をご紹介

20代で不動産を購入するという想像ができない方が多いのではないでしょうか。
しかし意外にも若いうちに家を買っておくという方は少なくありません。
現在賃貸で暮らしているが働いているうちにローンの支払いを終えたいという方は、20代で不動産の購入を考えてもいいでしょう。
そこで20代での不動産購入のメリットと注意点をご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

20代で不動産を購入するメリットとは?持ち家は財産になります

20代で不動産を買うことの1番のメリットは、不動産購入は財産になるため投資になるというところです。
住宅ローンは最長35年なので、20代で購入すれば定年退職する前に完済できます。
定年退職前にローンを返済し終えれば老後の不安も少なくなるでしょう。
また賃貸は家賃を支払っていても自分の財産にはならず消費でしかありません。
不動産購入は長期ローンになるので、月々支払う返済が少額で済むため、同じような額のお金を支払うのであれば持ち家のほうが得であると考えられます。
20代で家を購入する多くの方は、ファミリー向けの物件より安価で購入できるので単身から2人暮らしができる広さの物件を選んでいます。
戸建てより分譲マンションの方が購入しやすいですが、将来のことを考えてリフォームしやすい戸建てを購入するのもよいでしょう。

不動産を20代で購入する際の注意点は?ローン審査は通るのか

若いうちに持ち家を手に入れることの最大のデメリットは、生活の変化に対応しづらくなるという点です。
たとえば結婚して子供が産まれたため手狭になったとしても、住宅ローンは債務者が住む家の支払いをするためのものなので返済が終わっていないと人に貸し出すことはできません。
また転勤になったとしても同様に考えておくべき注意点です。
若いと住宅ローンの審査が通りにくいのではないかと考える方も多いのではないでしょうか。
住宅ローンは支払い能力があるかで判断しているので、収入が安定している方は若くても大丈夫です。
しかし給料は勤続年数などでも変化するものなので、20代で借り入れられる住宅ローンの額は少ない場合があります。
また、住宅ローン以外にもマンションは修繕積立金を毎月支払う必要があるということも忘れてはいけません。

おすすめ|横浜市泉区 マンション一覧

まとめ

20代で不動産を購入することは珍しいことではなく、安定した収入を得られていれば難しいことではありません。
人生計画をきちんとした上での購入であれば投資になるため、老後に焦らずゆとりある生活ができるでしょう。
不動産売却を検討している方は、私どもケイオー不動産株式会社にお任せください。
また、売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る