不動産を売却するときの流れをご紹介!媒介契約~売買契約までの画像

不動産を売却するときの流れをご紹介!媒介契約~売買契約まで

不動産コラム

不動産を売却したいと思ったら、どのような流れで進めるのでしょうか?


不動産の購入したときと違い、売買契約をする前に仲介してもらう不動産会社と契約を結ぶ必要があります。


今回は不動産を売却するときの流れについて、媒介契約~売買契約までをご紹介します。


不動産売却


不動産売却の流れ:媒介契約締結~不動産を売り出すまで


媒介契約締結から不動産を売り出すまでの流れを、3つのステップに分けてご説明します。


<ステップ1:不動産会社の選定と媒介契約締結>


不動産を売却する場合、不動産会社に仲介をしてもらい、購入希望者へ販売してもらいます。


そのときに「媒介契約」と呼ばれる契約を不動産会社と結ぶ必要があります。


※ケイオー不動産は、親切丁寧なサポートをいたしますので、まずは一度売却査定からお気軽にご相談ください!


<ステップ2:不動産を売り出す>


媒介契約後、販売するための準備をします。


不動産を上手に販売するためには、所有者の売りたい金額だけで販売価格を決めず、販売する時期やタイミング、周りの不動産との価格の調整が大切になります。相場なども含めてプロに相談することで迅速にかつ資産価値を下げることなく売却できるでしょう。


ケイオー不動産は知識と経験豊富な担当者がご希望にかなう条件で販売のサポートをさせていただきます!


<ステップ3:販売開始>


販売価格や希望条件が決まったら、担当者に販売を開始してもらいます。


販売方法は、インターネットの不動産サイトに掲載したり、チラシに掲載したり、さまざまな方法があります。


不動産売却の流れ:不動産売り出し後~売買契約を結ぶまで


<不動産売り出し後について>


不動産を売り出したら、購入希望者を待ち、希望者に対して物件の内覧や交渉をおこないます。


販売開始後、一定の期間を置いても、購入希望者があらわれない場合は、販売価格の見直しが必要でしょう。


内覧をしながら、物件の現状を確認してもらいつつ、過去のリフォーム歴や、修理やリフォームが必要な部分について、情報を正確に開示します。


情報を故意に隠したまま売却した場合、後々トラブルに発展しかねませんので要注意です。


<条件の交渉と売買契約について>


不動産担当者へは、あらかじめ希望を伝えておきましょう。


なるべく高く売りたいのか、早く売りたいのか、価格の値引きに応じるのかなど条件を整理しておいてください。


所有者と購入希望者の条件がまとまれば、売買契約へと進みます。


無事に売買契約が終了すれば、不動産の引き渡しとなります。


まとめ


以上、不動産を売却するときの流れについて、媒介契約~売買契約までをご紹介しました。


不動産売却を検討している方は、私どもケイオー不動産株式会社にお任せください。


売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る