一戸建てのウレタン塗装とは?メリットやデメリットを知ってより美しく!

不動産コラム

今回は一戸建ての購入やリノベーションを検討している方に向けて、ウレタン塗装とはどのようなものかについてご紹介します。

 

ウレタン塗装とは防汚性や弾性などの機能性が高く、低コストなので外壁塗装の種類のなかでもバランスのとれた塗料といえるでしょう。

 

ウレタン塗装のメリットやデメリットを把握して、ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。


ウレタン塗装 アクリルウレタン樹脂


一戸建てでウレタン塗装を採用するメリットについてチェック!


まずはウレタン塗装とは、どのようなものかについてみていきましょう。

 

ウレタン塗装とは、主成分にアクリルウレタン樹脂が含まれている塗料のことです。

 

ウレタン塗装の樹脂はやわらかいのが特徴で、密着性が高く、時間の経過で形が変わる木材などにも対応が可能ですよ。

 

細かい部分まで塗装がしやすく張り付きもいいため、ひび割れを起こしにくいのがメリットです。

 

ひびが発生しやすいモルタルやコンクリートの塗装にも向いています。

 

また、ツヤや光沢があるので塗装部分をより美しくみせてくれるでしょう。

 

防汚性もあり、水や汚れをはじいて防ぐ効果が期待できます。

 

そのため傷もつきにくく、メンテナンスもしやすいですよ。

 

ツヤがないタイプもあり水性や弱溶性など種類も豊富なので、さまざまな用途にあわせて活用でき、好みのデザインにしやすいメリットとなります。

 

ウレタン塗装は外壁塗装に古くから使用されているので、扱える会社が多く、一戸建てでの施工がスムーズにすすむのも嬉しいポイントです。

 

1平米あたりの価格も割安なので、面積の広い一戸建ての外壁塗装では、割高なものと比べて2割程度おさえられるでしょう。

 

一戸建てにウレタン塗装を採用するデメリットとは?


続いて、一戸建てにウレタン塗装を採用するデメリットとはどのようなものかについてご紹介します。

 

先述したようにメリットの多いウレタン塗装は、耐久性が810年とほかの塗料に比べて短いのがデメリットといえるでしょう。

 

シリコン塗装などの場合は、コストが割高なものの1015年と耐用年数は長くなっています。

 

またウレタン塗装は含まれている成分のなかに湿気に弱いものがあり、湿度が高い環境での施工は劣化を早める原因になる場合もあるので注意が必要です。

 

コストやメンテナンスの頻度を加味して、専門家にも相談しつつ慎重に検討しましょう。

 

まとめ


今回は、一戸建てのウレタン塗装とはどのようなものかについて詳しくご紹介しました。

 

ウレタン塗装は弾性があり、ひび割れに強いメリットがある反面、湿気に弱いことなどのデメリットもあります。

 

ウレタン塗装の特性を把握して、ニーズにあわせて選択することが大切です。

 

一戸建てでの生活がより快適なものになるといいですね。

 

ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る