マイホームのシアタールームとは?大迫力の映像で快適な空間を実現しよう

不動産コラム

今回はマイホームの購入を検討されている映画が好きな方へ向けて、シアタールームとはどのようなものかについてご紹介します。

 

マイホームにシアタールームがあれば、日常生活のなかで趣味の映画を、より楽しむ事ができますよ。

 

シアタールームの魅力や設備を把握して、ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。


シアタールーム 設置


 マイホームにシアタールームを設置する魅力とは?


まずはそもそも、シアタールームとはどのようなものかご紹介します。

 

簡単にいうと、シアタールームとは防音や配線などの施工をしたマイホームにあるあなた専用の映画館のことを言います。

 

音響や遮光にこだわれば、快適な環境でいつでも映画に没頭できます。

 

マイホームのシアタールームの魅力とは、なんといってもプレミアム感です。

 

音響などの設備が整った大迫力の画面を独占でき、本物の映画館と違って周囲を気にすることもなく、食事やトイレも自由にできます。

 

映画以外のスポーツやライブ観戦、ゲームなどでも臨場感のある映像を楽しむことが可能です。

 

また都合をつけてわざわざ映画館に出かける必要がなく、時間も有効に使えますよ。

 

まさにライフスタイルにあわせた本格的な映画鑑賞が可能となるのです。

 

マイホームのシアタールームに必要な設備とはどのようなものかチェック!


続いて、マイホームのシアタールームに必要な設備とはどのようなものかみていきましょう。

 

それぞれのイメージやこだわり次第では、低コストでもシアタールームを作ることができます。

 

必要な設備は、プロジェクター・スクリーン(60インチほどの大きさでよければディスプレイでも可)・スピーカー・オーディオビジュアルアンプ・メディアプレーヤーです。

 

スクリーンのサイズは、部屋の広さに応じて決めましょう。

 

壁面の横幅が3m100インチ、4mなら120インチがおすすめです。

 

また、映画館には音響設備も重要ですよね。

 

スピーカーは複数個を使用すると、マイホームのシアタールームが映画館に近い環境に仕上がります。

 

スピーカーを複数使用するためには、オーディオビジュアルアンプが必要です。

 

どちらも予算内でおさまるようにグレードを調整しましょう。

 

ただしメーカーはできるだけ同じものにして、種類(シリーズ)もあわせるのがおすすめです。

 

また映像の再生に、パソコンやブルーレイレコーダーなどのメディアプレーヤーも準備しておきましょう。

 

防音や遮光に関しては、バランスをみながら専門家に相談することが大切です。

 

映画の音響で重要な低音は音が周囲に漏れやすいという特徴があります。

 

そのため、設備の配置はもちろん防音加工をどうするのかなど綿密に計画を立てましょう。

 

まとめ


今回はマイホームのシアタールームとはどのようなものかについて詳しくご紹介しました。

 

シアタールームは映画鑑賞だけではなく、さまざまな目的で活用でき、マイホームにあればより充実した生活が送れるでしょう。

 

マイホームの建設の際にしっかりと計画を立て、快適な環境のシアタールームができるといいですね。

 

ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る