ZEHとは一体なに?政府が定める新築一戸建て省エネ住宅!

不動産コラム

「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略語である、ZEH(ゼッチ)という言葉をご存じでしょうか?


簡単にいうと、太陽光発電で電気を作り、夏は涼しく、冬は暖かい高断熱かつ高性能な設備を導入することで「エネルギーを上手に使う省エネ住宅」のことを言います。


経済産業省は、2020年までにハウスメーカーなどが新築する住宅の半数以上をZEHにすることを目標にしています。


今回は新築一戸建てをZEHにするメリットとデメリットをご紹介するので、新築一戸建てご購入を検討されている方は、ぜひ最後までお読みください。


ZEHとは一体なに?政府が定める新築一戸建て省エネ住宅!



新築一戸建てをZEHにするメリットとは?


ZEHの最大のメリットは、高断熱かつ省エネ、そして太陽光発電システムによる創エネにより、光熱費を抑えられるという事です。


マイホームをZEHにした理由のアンケートでは、1位が「光熱費の削減」となっていて、多くの方が光熱費を抑えられることに魅力を感じているようです。


他には、断熱性能が高いため熱を外に逃がしにくく、部屋の温度を一定に保ちやすいので、冬場の急激な温度変化によるヒートショックを防げるというメリットもあるとのこと。


また、太陽光発電システムで作った電気を蓄電器にためておけば、停電時に非常用コンセントから、ためておいた電気を使用できます。


さらに、ZEHは国策の一つなので補助金制度もあります。


しかし、こちらの補助金申請は先着順となっており、申請した人全員が受け取れるとは限らないので注意が必要です。


申請をお考えの方は、事前に公募期日を確認しておくことが大切ですね。


新築一戸建てをZEHにするデメリットとは


補助金制度があり、光熱費を抑えられ、停電時にも電気が使えるZEHですが、デメリットもありますのでご紹介します。


ZEHの一番のデメリットは、高性能の省エネ、創エネ設備が必要なので初期導入コストが、一般的な住宅よりも高いという事です。


他には、ZEHの基準を満たすために外観のデザインや間取りに制限があるということが挙げられます。


一番わかり易いのが屋根の形状で、切妻屋根では作れるエネルギーが少なく、片流れ屋根は作れるエネルギーが多いので、片流れ屋根が採用されることが多いです。


また、太陽光発電システムでエネルギーを作るので、ZEHには太陽光発電が不可欠です。


天候の悪い日は発電量が減りますし、日照時間が短い梅雨や冬の時期も発電量が減ってしまいます。


そのため、ご自身が住みたい場所の日照時間をあらかじめ調べてみるとよいでしょう。


まとめ


今回はZEHとは何か、メリットやデメリットも併せてご紹介しました。


アンケートによると、既にZEHの家に住んでいる方のうち7割以上の方が、「ZEHの家に住んでみてよかった」と回答しているとのことです。


メリットが多い分、デメリットもあるので、新築一戸建てを購入する際にはよく調べ、そして長い目で見て判断することをおすすめします。


私たちケイオー不動産株式会社では、床暖房やオール電化など、省エネ対策が施されている新築一戸建ての情報も取り扱っております。


マイホーム購入をご検討中の方は、ぜひ弊社までお気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る