中古住宅の購入時にはインスペクションが大切!適切な取引をするために

不動産コラム

今回は横浜市泉区で中古住宅の購入を検討している人に向けて、インスペクションについてご紹介します。


欧米では主流なホームインスペクションは、近年、日本でも広まりつつありますよ。


概要や実施の流れに加えてメリットや注意点も知ったうえでホームインスペクションを依頼しましょう。


ぜひ、安心して中古住宅を取引するための参考にしてみてくださいね。


中古住宅の購入時にはインスペクションが大切!適切な取引をするために


中古住宅の購入時に大切なインスペクションの概要や流れとは?


そもそもホームインスペクション(住宅診断)とは、住宅の状態をプロが調査・診断し、メンテナンスについてなど助言をしてくれるものです。


不動産鑑定と混同しやすいのですが、インスペクションは周辺環境などの付加価値は関係がなく建物自体の欠陥や劣化、耐震強度などをみます。


宅建法の改正により、2018年4月から物件にインスペクションの履歴があるかを説明することが義務付けられたため、ますます注目されるようになりました。


では、中古住宅において、実際にインスペクションを依頼する場合の流れをみていきましょう。


1.依頼業者へ見積もりや問い合わせ


2.売主や不動産会社と日程を調整後に申し込み


3.必要書類の発送や日程・待ち合わせ場所のチェック


4.インスペクションの実施と報告書の受領


5.費用(5~10万円程度)の支払い


中古住宅の場合は、インスペクションはこのような流れで契約前に実施します。


ほかに買い手がいると購入できなくなる可能性もあるため、実施のタイミングは契約の申し込み後、引渡しの前です。


そのため、必要以上に焦らなくても大丈夫ですが、スムーズな契約につながるようスピード感をもってすすめていくことも大切ですよ。


中古住宅の購入でインスペクションを実施するメリットや注意点をチェック!


続いて、中古住宅の購入でインスペクションを実施するメリットや注意点についてご紹介します。


契約前にインスペクションを実施すると、欠陥などに対する不安が解消され、安全性の確保された快適なマイホームで過ごすことが可能です。


つまり、安心感を得られることが大きなメリットといえるでしょう。


もっと広い視点でみると、インスペクションの普及によって中古住宅業界の活性化も期待できます。


そうなれば、銀行のローン審査も通りやすくなり、中古住宅の購入がしやすくなりますよ。


売主側も販売がしやすくなるため、値引き交渉などもしやすいかもしれません。


また、中古住宅の場合は、インスペクションを実施する前に売主の許可をとることも忘れないようにしてくださいね。


契約が完了していない段階では、物件の所有者は売主なので、許可をもらわないまま実施すると関係が悪化してしまう可能性も…。


依頼業者の実績や建築士の資格の有無にも注意しましょう。


業者によって得意な分野があるため、内容をみて選ぶと失敗が少ないですよ。


まとめ


今回は中古住宅を購入するときに実施するインスペクションについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?


中古住宅の不具合などを個人でチェックするのは難しいですよね。


プロの目で客観的な判断をしてもらい、快適な住まいで生活しましょう。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る