マイホームのシステムキッチンの種類は?豊富な選択肢に困らないために

不動産コラム

今回は横浜市泉区でマイホームの購入を検討している人に向けて、システムキッチンについてご紹介します。


システムキッチンと一口にいっても種類が豊富なため、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。


種類や特徴のほか壁付と対面でのメリットやデメリットも把握しておくと、選択がスムーズにすすみます。


ぜひ、マイホームのキッチンの選択で困ったときの参考にしてみてくださいね。


マイホームのシステムキッチンの種類は?豊富な選択肢に困らないために


マイホームのシステムキッチンの種類や特徴が気になる!


現在、日本のキッチンの主流はシステムキッチンですが、1970年代以前はセクショナルキッチンでした。


セクショナルキッチンでは、コンロ台やシンクなどを独立したパーツとして、それぞれを組み合わせています。


そのため、隙間ができてしまい、掃除がしにくいのが難点でした。


それに対してシステムキッチンは、一枚の天板ですべてのパーツが連結しているため、メンテナンスがしやすくデザイン性も向上しています。


では、システムキッチンの種類や特徴についてみていきましょう。


〈I型〉


すべての設備が一直線に並んだI型のポピュラーなキッチンです。


後述するペニンシュラ型と似ていますが、前面がカウンターになっている部分が異なります。


前面に高さがあるため、開放感はありませんが、調理器具などが隠れるため来客時も安心です。


〈L型〉


シンクやコンロなどの設備が直角に配置されたキッチンです。


動線がスムーズな反面、ある程度の広さがないとリビングのスペースを圧迫してしまうため注意しましょう。


〈アイランド型〉


どこにも接しておらず、島のように独立したキッチンです。


部屋全体が見渡せ家族との距離が近くなりますが、生活感が出やすくなってしまうため、収納スペースをしっかり確保しましょう。


〈ペニンシュラ型〉


片側だけ壁に接した「半島」という意味をもつキッチンで、I型とアイランドキッチンを併せたような形状です。


開放感があり、壁をコンロ側にもってくると油はねなども防げます。


ただし、片側からしか動けないため、移動が面倒に感じるかもしれません。


マイホームのシステムキッチンは種類以外にも壁付と対面キッチンの選択を!


マイホームのシステムキッチンは、種類のほかに壁付か対面かの選択も必要です。


現在のマイホームでは対面キッチンが一般的ですが、壁側を向く調理スタイルが良いという人もいるでしょう。


それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。


対面キッチンのメリットは、家族の様子やテレビを見ながら調理ができること。


特に小さなお子さまがいる家庭におすすめです。


ですが、対面キッチンは料理のにおいが気になることがあるかもしれません。


壁付キッチンは、調理に集中しやすくリビングを広々と使用することが可能なため、料理が好きな人におすすめです。


ただし、対面キッチンとは反対に家族の様子がわかりづらい点はデメリットといえるでしょう。


まとめ


今回はマイホームのシステムキッチンについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?


特徴やメリット・デメリットをしっかり把握しておくと、あなたにぴったりのキッチンを選ぶことが可能です。


使い勝手の良いキッチンで、充実した生活を送りましょう。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る