戸建てのリビングにキッズスペースを!家族の安心な生活のために

不動産コラム

今回は、新築や中古で戸建ての購入を検討している方に向けて、リビングのキッズスペースについてご紹介します。


リビングにキッズスペースを設けるメリットやデメリットをはじめ、つくる方法や注意点を知って、メリハリのあるリビングにしましょう。


家族みんなが安心して生活できる家にするために、ぜひ参考にしてみてくださいね。


戸建てのリビングにキッズスペースを!家族の安心な生活のために


戸建てのリビングにキッズスペース!メリットやデメリットは?


キッズスペースとは、子どもの遊び場のことです。


戸建ての場合、2階を子ども部屋にすることが多いですが、お子さまが小さいと階段を利用した行き来や個室にこもることなどに不安を感じるでしょう。


そこでリビングにキッズスペースをつくると、大人の目が届きやすく、学習スペースに変更すれば、お子さまが成長してからも長く一緒に過ごせるメリットがあります。


お子さまの姿を見ながら家事もできるため、安心して生活ができるでしょう。


また、あらかじめ専用のスペースを設けておくと、リビング全体が散らかるのも防げます。


片付けも簡単に済みますので、家事の手間を減らすことが可能ですよ。


反対に、デメリットはリビングの共有部分が狭くなってしまうことです。


そのため、キッズスペースを設けようと考えている場合は、リビングを広くすることを検討しましょう。


中古の戸建てを検討中の方は、広めのリビングを探すのがおすすめです。


戸建てのリビングにキッズスペースをつくる方法や注意点をチェック!


続いて、戸建てのリビングにキッズスペースをつくる方法や注意点をご紹介します。


リビングにキッズスペースをつくるときは、まずは何を置くかを選別し、どれくらいのスペースを利用するか考えましょう。


広さが決まったら、ラグやパネルマットを敷いて家具を配置します。


ラグやパネルマットを利用すると、共有部分と専用部分の区別ができ、お子さまも遊びやすくなりますよ。


また、低めの家具を準備するとお子さまにも使いやすく、部屋が広く見える効果も期待できます。


リビングの隣に和室があるなら、ドアを常に開いた状態にしてキッズスペースにするとお昼寝にも利用しやすく便利です。


ただし、危険がないよう家具やレイアウト、コンセントなどは安全に配慮した工夫をしましょう。


物の置きすぎにも注意が必要です。


収納ボックスなどはシックな色味で統一すると、煩雑な印象をおさえられます。


まとめ


今回は戸建てのリビングのキッズスペースについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?


リビングは、家族で過ごす時間が長い大切な場所ですよね。


お子さまをはじめ家族みんなが楽しく安全に暮らせるように、それぞれに合った方法で工夫してみると良いのではないでしょうか。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る