戸建てでのルーフバルコニーの使い方とは?メリットや注意点を知っておこう

不動産コラム

今回は、戸建てでマイホームの購入を検討していに向けて、ルーフバルコニーの使い方メリット注意点についてご紹介します。

 

おしゃれで開放感も味わえるルーフバルコニーは人気がありますが、そもそもルーフバルコニーとは何か知りたいというもいるかもしれません。

 

使い方メリット注意点も把握して、後悔しない家をつくるための参考にしてくださいね。


ルーフバルコニー

 

ルーフバルコニーとは?戸建てでの使い方やメリットもチェック!


ルーフバルコニーとは、階下の天井部分を利用してつくられる屋根のないスペースのことです。

 

一般的なバルコニーよりも広く、ルーフテラスやルーフガーデンと呼ばれることもあります。

 

戸建てであれば、2階以上の屋根部分か屋上がルーフバルコニーですよ。

 

使い方は、洗濯を干す・カフェテラス・子どもやペットの遊び場・家庭菜園やガーデニング・読書などのリラックススペース・ヨガなど多種多様です。

 

というのも、以下の3つのメリットがあるためです

 

・十分な広さがある

・日当たりがよい

・開放感を味わえる

 

これらのメリットを生かすと、従来のベランダやバルコニーでは楽しめなかったことができるようになりますよ。

 

さまざまなアクティビティをとおして、家族で充実した毎日が送れそうですね。

 

また、洗濯物を大量に干せたり家具の一時置き場として利用できたりするため、家事や掃除がスムーズになり大切なマイホームを清潔に保てます。

 

先述したように、アイデア次第で多くの使い方があるため、具体的なイメージを膨らませておくと活用しやすいのではないでしょうか。

 

戸建てのルーフバルコニーの後悔しないための使い方の注意点は?


続いて、戸建てのルーフバルコニーで後悔しないための注意点についてみていきましょう。

 

雨漏り

 

先述したようにルーフバルコニーには屋根がないため、防水処理が甘いと雨漏りのリスクが高くなります。

 

雨漏りは戸建ての老朽化を早めてしまいますので、注意しましょう。

 

水はけをよくするために、排水溝の掃除もこまめに実施するとよいですよ。

 

メンテナンス費用

 

防水処理は、1020年スパンでの施工が安心です。

 

同じスパンで実施の必要がある外壁のリフォームとの兼ね合いも考えて、時期が重ならないようにするなど計画的に施工しましょう。

 

安全対策

 

自宅に設置するルーフバルコニーをお子さまの遊び場にするときには、安全対策として室内から様子をチェックできるよう設計を工夫したほうがよいでしょう。

 

人や物の落下リスクを軽減するために、手すりの高さにも注意が必要です。

 

まとめ


今回は戸建てでのルーフバルコニーの使い方メリット注意点について詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

 

さまざまな角度からチェックして、後悔のないように十分検討してみましょう。

 

ルーフバルコニーのある理想の暮らしが実現するとよいですね。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る