物件購入のときの注意点!抵当権がついていないか確認しよう

不動産コラム

マイホームを購入するときに気をつけることのなかでも、抵当権がついていないかどうかは優先的に確認する必要があります。

 

抵当に入った物件を買うときには、さまざまなリスクがあるので注意が必要です。

 

抵当権はどうしてつくのか、またそのような物件を買うときにはなにに注意すればよいのかみていきたいと思います。


物件購入時の注意点!

 

物件購入時の注意点!抵当権がついている理由は?

 

物件に抵当権がつくのには、どんな理由があるのでしょうか。

 

マイホームを購入するときに、現金一括で支払う人はほとんどいませんよね。

 

物件購入にあわせて銀行などの金融機関で住宅ローンを組み、必要資金を借り入れるのが一般的でしょう。

 

万一返済ができなくなったときのため、金融機関が不動産を担保に取る権利を「抵当権」と言います。

 

多くの住宅に抵当権が設定されているのは、ほとんどの人がローンを組むからという理由があります。

 

抵当権と似た言葉に「根抵当権」という言葉がありますが、根抵当権は担保した額の上限範囲内まで何度もお金の貸し借りができる権利のことです。

 

住宅ローンで通常設定される抵当権とは別なので、混同しないようにしましょう。

 

物件購入時の注意点は?抵当権が抹消されていない時にご注意を

 

物件購入を検討しているときに、その物件が抵当に入っているとわかったら心配になる方もいるかと思います。

 

抵当権が抹消されていないと、困ることがいくつかあります。

 

最初の注意点として、抵当に入っている物件購入に対しては、金融機関は融資してくれないことがほとんどなので、ローンを組むことができない可能性があります。

 

マイホームの購入ともなれば、何千万ものお金が必要になります。

 

ローンが組めないと物件を手に入れることはかなり難しくなるでしょう。

 

どうしても抵当に入っている物件を購入する必要があるなら、抵当権を抹消してもらってから購入する事がほとんどです。

 

それだけの資金が売り主にない場合には、支払う予定の代金を返済にあててもらい、それと同時に所有権を移転し、抵当権の末梢と設定登記までおこないます。

 

注意点として、この手続きは買い主にリスクが大きいため、同じ日におこなうようにしましょう。

 

いずれにしても、不動産の売買契約書を交わすときに、抵当がはずれなかった場合には、契約は白紙とすることを明記しておくと安心ですね。

 

まとめ

 

ほしい物件が抵当に入っていたら、諦めなければならない訳ではありません。

 

注意点を理解し、不動産会社を通し、きちんと抵当権が抹消さえされれば、購入には問題ありません。

 

物件購入のときには、抵当権の抹消を見届けてからにすることが大切です。

 

不動産購入に関しては、分からないことも多いかと思いますので、不動産の専門家に相談してみてください。


不動産購入や売却に関しての不明点は、私どもケイオー不動産株式会社にお任せください。

 

売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る