住宅ローンの融資を受ける時に家具・家電の費用を含めることはできるのか?

不動産コラム

皆さんはマイホームを建てる際、住宅ローンを組んで家具や家電を買いたいと思ったことはありませんか?

 

今回は、住宅ローンに家具・家電の費用を含められるのかご紹介します。


家具・家電は住宅ローンで購入できる?


家具・家電の購入は住宅ローンで融資を受けられない

 

基本的に住宅ローンで家具・家電を購入することはできません。

 

購入する場合は自分のお金で買うか、あるいは別途分割払いをする必要があります。

 

融資は住宅を建てるためのものであり、生活に必要な消耗品や備品の購入は対象外です。

 

<引越し後に必要なものを購入する資金を用意しておく>

 

新築一戸建てを購入する場合、工事費用以外に日用品の購入も考えて融資を受けることが必要です。

 

引越し後は何かとお金がかかることを忘れてはいけません。

 

住宅ローンを支払いつつ、備品を購入できる資金が残るように計画を立てましょう。

 

家具・家電を組み込み型にすれば住宅ローンを使える

 

先ほど日用品は住宅ローンに含めることはできないと書きましたが、組み込み型の家具・家電であれば住宅ローンの融資に含めることができます。

 

ただ、いくつか注意点があり、ローンを組む際は気を付けなければなりません。

 

<返済計画>

 

住宅に組み込み型の家具・家電を多くしてしまうと、住宅ローンの総額が大きくなってしまいます。

 

月々の返済額が増え、支払いの仕方によっては返済期間が延びてしまうこともあります。

 

借入総額の上限を決め、返済計画が立てられたうえで検討するようにしましょう。

 

<金融機関>

 

住宅ローン申し込み後、厳しい審査を受けますが、その中で説明できないものなどがある場合、解決しなければ契約を成立することができません。

 

不当な申し込みをしてしまうと、信頼性を失いローンの利用ができなくなってしまう可能性があります。

 

<金利高騰>

 

返済期間が長引くと、金利の影響で支払額に差がでてくる場合があります。

 

一定期間で金利が見直されますが、金利変動型にしている方は、返済期間が長くなりローン残高が多いほど影響を受けやすくなります。

 

金利変動により、計画が崩れてしまうこともあるので、資金計画には余裕を持ちましょう。

 

まとめ

 

今回は、住宅ローンに家具・家電の費用を含められるのかご紹介しました。

 

住宅に組み込む型の家具・家電であれば、住宅ローンに組み込めますがが、いくつか注意点もあります。

 

これからマイホームを購入予定の方は、無理のないローンを組めるようにしっかりと計画をたてましょう。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区・戸塚区のマンション・一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る