おしゃれな片流れ屋根でデザイナーズ住宅を建ててみませんか?

不動産コラム

家を建てる方や、家選びをしている人の中で片流れ屋根が注目されています。

 

デザイナーズ住宅はもちろん、狭小住宅においてもこの片流れ屋根が使われているケースが多くなってきています。

 

おしゃれな外観も人気の秘訣のひとつでしょう。

 

では片流れ屋根とはどんな屋根なのでしょうか。

 

今回は片流れ屋根の魅力をお伝えするとともに、片流れ以外の屋根も紹介いたします。

 

ぜひ、自分の好みに合った屋根をみつけてくださいね。


デザイナーズ住宅の片流れ屋根


デザイナーズ住宅には片流れも含めどんな種類の屋根があるの?

 

片流れ屋根とは、文字通り片側だけに勾配のある屋根のことです。

 

外観がスッキリとするため、この片流れ屋根という種類を選ぶ人が増えてきています。

 

その他、屋根の種類には日本家屋代表の切妻屋根、寄せ棟屋根などがあります。

 

切妻屋根は三角屋根のことで、必ず目にしたことがある屋根でしょう。

 

雨漏りの心配も少なく、メンテナンスの必要もあまりないため、経済的な屋根の種類といえるでしょう。

 

寄棟屋根は割高な反面、自然からの影響を受けにくいため、長く家を守れるというメリットがあります。

 

昔ながらの馴染みのある屋根はその屋根ならではの味がありますし、屋根として見た目の魅力も充分ありそうです。

 

そんな中、デザイナーズ住宅でこの片流れ屋根が人気なのは、たくさんのメリットがあるからなのかもしれません。

 

では、片流れ屋根にはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

デザイナーズ住宅における片流れ屋根のメリットデメリット

 

最大の魅力はそのデザイン性でしょう。

 

スタイリッシュな屋根はお洒落なデザイナーズ住宅にもぴったりです。

 

デザイナーズ住宅や狭小住宅で多用されている片流れ屋根ですが、その構造はとてもシンプルです。

 

構造がシンプルということは初期費用がかからないということです。

 

また、高い所に窓をつける事によって採光もとれ、狭小住宅にはとても適しています。

 

積雪が多い場所では雪が溶けやすいことや、日差しが期待できる場所ではソーラーパネルの効果も充分に期待できます。

 

屋根の一面で雨を受けることで、雨どいが一方だけで済むこともメリットのひとつでしょう。

 

ただこれは同時に、雨による劣化や雨漏りの原因になることもあります。

 

メリットがデメリットであるということもありますので、メリットデメリットをよく考えてみることが大切です。

 

とはいえ、デメリットの面も、安心して任せられる建築会社にお願いすることで解決するでしょう。

 

まとめ

 

デザイナーズ住宅や、狭小住宅に使われている片流れ屋根を紹介いたしました。

 

片流れ屋根のデザイン性やメリットデメリットをよく理解して、また、他の種類も参考にしながら自分にあった素敵な屋根を見つけてくださいね。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の不動産情報を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る