工夫次第で住みやすさ抜群!狭小住宅に注目してみませんか?

不動産コラム

広い家に住みたいという憧れは誰でもありますが、最近注目されているのが狭小住宅です。

 

最近ではコストを抑えるという観点から、狭小住宅を建てる人も多くなってきています。

 

今回は狭小住宅の魅力を紹介いたします。

 

たくさんのメリットを知ると狭小住宅に興味を持たれる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ぜひ参考になさってくださいね。


住みやすさを工夫した狭小住宅のメリット


住みやすさを工夫した狭小住宅のメリット大公開

 

狭小住宅の一番のメリットは、その住環境です。

 

なぜなら、狭小住宅は都市部にでも建てることができ、良い住環境のことが多いためです。

 

つまり、駅やバス停が近いなど交通の便もよく、買い物にも困らない場所に建っていることが多いということです。

 

都市部で住まいづくりをしたいと考えている方にとって狭小住宅は魅力的かもしれませんね。

 

また、土地や家の面積が小さいということは固定資産税も安くなります。

 

さらに、家が狭い分、光熱費なども少なくてすみます。

 

加えて、毎日の暮らしでも、掃除が楽という点は狭小住宅ならではのメリットでしょう。

 

部屋が広いと掃除をするのも大変ですが、コンパクトな間取りは、いつも部屋全体に目が行き届きやすいため、掃除をしていない箇所や、修繕が必要な箇所もみつけやすいということもあります。

 

何か修繕や改修が必要になっても、工期が短くてすむというのも狭小住宅のメリットでしょう。

 

住んでみてからわかる狭小住宅のメリットは私達が思っている以上にたくさんありそうですね。

 

住みやすさを求めて工夫した狭小住宅の住まいづくりとは?

 

狭小住宅では、動線を考えた住まいづくりをするといいでしょう。

 

きちんと考えられた設計であれば、狭小住宅とは感じられない快適な生活になります。

 

そのためにも、狭小住宅を手掛けたことのある会社や、たくさんの狭小住宅を参考にして、自分たちならではの工夫が必要になってきます。

 

特に収納に関しては、大きな納戸などを作ることはできませんが、各所に収納ができるようなスペースを作ったりする工夫次第で、たくさんの収納スペースを確保することができます。

 

また、家全体をスキップフロアなどにする、開放感たっぷりの住まいづくりも狭小住宅ならではです。

 

どんな間取りで、どんな工夫が住みやすさにつながるか、住まいづくりに時間をかけて、自慢のマイホームにしてくださいね。

 

まとめ

 

今回は狭小住宅の魅力ついて紹介いたしました。

 

狭いというデメリットがあっても、工夫次第で狭小住宅の住みやすさは大きく変わります。

 

ぜひ、狭小住宅も視野に入れて、家づくりを考えてみてくださいね。


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区・戸塚区のマンション・一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る