中古一戸建ての個人間売買とは?トラブルに巻き込まれないためには

不動産コラム

中古一戸建てを購入するためには、不動産仲介業者を通す方法・個人間で取引をする方法と、大きく分けて2つあります。

 

今回はどちらの方法で購入するのがオススメか、いくつかの項目をご紹介していきます。


中古一戸建ての個人間売買で家・土地以外に掛かるお金は?


中古一戸建ての個人間売買


一般的に仲介業者を通す場合、仲介手数料が発生します。

 

ただ、仲介手数料はあくまで成功報酬ですので、どれだけ相談しても、最終的に契約が成立しなければ支払う必要はありません。

 

仲介手数料=取引金額の3%+6万円(税抜)です。

 

例えば、2,000万円の取引の場合、66万円(税抜)です。

 

個人間取引の場合は、手数料が掛かりません。


中古一戸建ての個人間売買での必要書類の取り交わし


中古一戸建て購入の際、さまざまな書類が必要です。

 

不動産売買契約書・登記簿謄本(抄本)権利証(登記済証)などです。

 

目にする機会が少ない書類が多く、難しい単語や法律などもたくさん出てくるのですが、個人間取引の場合は、それをすべて把握しなくてはなりません。

 

仮に「聞いていない!」となっても、契約書に記されている事がすべてですから、後にトラブルとなっても、泣き寝入りすることになります。

 

仲介業者を通すと、不動産の専門家なので、細かい所もチェックしてもらえますし、分からない事や、不安な事があっても相談できます。


中古一戸建ての個人間売買で住宅ローンは受けられる?


中古一戸建てを個人間売買で購入する際に、銀行へ住宅ローンの申込をしたとしても、利用を断られてしまうのがほとんどです。

 

なぜかというと、多くの銀行で、住宅ローン審査の必須書類として、「重要事項説明書」の提出が求められているからです。

 

そして鍵になってくるのが、この「重要事項説明書」は、不動産仲介業者が作成する必要があります。

 

金融機関としては、仲介業者に関与させることで、住宅ローンの不正利用を防ぎたいので、個人間取引の当事者が作成した書類では意味がないのです。

 

では、書類の作成だけ仲介業者に依頼をすればよいのでは?と思いがちですが、仲介業者としても、物件の詳細な情報も分からないまま書類だけ作成することはできません。


相応の手数料が発生します。


まとめ


費用を抑える事も、もちろん大事ですが、さまざまな事を鑑みると、不動産専門の仲介業者に依頼するのが賢明だと言えます。

 

人生において住宅の購入は12を争うビックイベントです。

 

不要なトラブルに巻き込まれないように、憧れのマイホームを手に入れましょう!

 

私たちケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区・戸塚区の不動産情報を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る