不動産の売却査定ではどんな項目がチェックされる?どこで調べる?

不動産コラム

マイホームを売却するときに最も気になるのは、やはり売却価格でしょう。

 

今回は売却価格に大きく関わる、売却査定でチェックされる項目をご紹介します。

 

売却査定では、さまざまな面からチェックを行って最終的に売却価格が算出されるので、納得のいく不動産取引をするためにも、売却査定にはどういった項目があるのか、ぜひ参考までに知っておいてくださいね。


不動産の売却査定でチェックされる項目(1)権利上や法令上のチェック


不動産の売却査定ではどんな項目がチェックされる?


もしも売却しようとしている物件に権利上や法令上に問題があると、売買取引自体ができません。

 

そのため、まずは不動産会社の担当者が、市役所や法務局などに出向いて、権利上や法令上の問題点がないかどうかを確認します。

 

チェックする項目は、所有権・地上権・賃借権といった土地の権利をはじめ、都市計画によって定められている建ぺい率や容積率、日陰規制、建物の高さ制限、物件に面した道路の種類や幅員など多岐にわたります。

 

また、築年数・構造・部屋の数や間取り、日当たりなどを調べるため、建物の図面なども取得します。


不動産の売却査定でチェックされる項目(2)現地調査


不動産会社の担当者が、建物の構造や規模、ライフライン、建物のリフォームの有無、査定をする物件に接している道路の状況(舗装状況・敷地との高低差)など、現地でチェックできるものは、すべて調査項目に入ります。

 

また、隣地との境界線や越境の状況なども重要なチェック項目です。


不動産の売却査定でチェックされる項目(3)市場調査


査定対象の不動産物件と似た条件の物件がどのくらいの価格で売り出されていたのか、成約価格はどのくらいだったのかを調べます。

 

売買価格の平均、取引価格の上下の値動き、周辺エリアのニーズに対してどれだけ物件の供給があるのかなどもチェックして、どれくらいの価格で売り出すのが妥当か確認します。


不動産の売却査定でチェックされる項目(4)周辺環境の調査


立地はもちろん、沿線や最寄り駅からの所要時間といった交通の利便性、周辺にどういった建物があるかなど、周辺環境も査定に大きく関わる項目です。

 

また、マンションの場合は、住戸の位置をはじめ、管理費と修繕積立金や今後の修繕計画、今までに行った修繕工事の有無、管理委託先、管理方式なども査定項目に入ります。


まとめ


不動産の売却価格は、ご紹介した項目に加えて、不動産会社のノウハウや見解などもふまえて算出されます。

 

納得のいく取引をするためにも、どういった項目が売却査定の対象になるのかを、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

 

ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の不動産情報を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る