新築一戸建て購入もお得に!住宅ローン控除の利用で増税対策しよう

不動産コラム

新築一戸建ての購入をお考えのご家庭のみなさま、いよいよ消費税増税が目の前に迫ってきましたね!

 

増税したら、金額が高くなる分なかなか家が買えなくなるかも…、と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

これまでも、住宅ローンを組んで新築一戸建てを購入すると、住宅ローン控除が受けられる制度がありましたが、なんと201910月からはこの控除期間が延長されます。

 

これは、増税後でもお得にマイホームを手に入れられるチャンスですね。

 

そこで今回は、住宅ローン控除の延長と適用条件についてご紹介いたします。


新築一戸建ての住宅ローン控除

 

新築一戸建ての住宅ローン控除はいつまで延長されるの?


現在新築一戸建ての住宅ローンを組むと、年間で最大50万円が10年間控除されます。

 

この期間が制度改正後は3年間延長され、その3年間は、建物の購入価格の2パーセントの金額の範囲で控除されます。

 

例えば現在4,000万円の新築一戸建てを購入すると、住宅ローンは10年間でおよそ346万円控除されます。

 

一方、消費税増税後に同じく4,000万円の新築一戸建てを購入すると、住宅ローンは13年間でおよそ429万円控除されます。

 

つまり、この場合増税後にマイホームを買った方が、83万円もお得になるのです!

 

この住宅ローン控除の延長は、増税前の駆け込みや増税後の落ち込みを減らす対策として、政府が行っています。

 

増税後の方がお得になる可能性が高いので、今あわてて家を買う必要はありません。

 

マイホームは安くはない買い物なので、増税直前だからといって急がず、じっくりと理想のお家を探しましょう!

 

新築一戸建ての住宅ローン控除が受けられる条件は?


それでは、しっかりと住宅ローン控除が受けられるように、適用条件をご紹介しましょう。

 

まずは、返済期間が10年以上であることが条件です。

 

契約時に10年以上のローンを組んでも、繰り上げ返済を行い10年未満で完済してしまうと、控除もその時点で終了となるので気を付けましょう。

 

次に、控除対象は、住宅を得るために借りたローンに限定されます。

 

先に土地だけを取得した場合は、その後2年以内に住宅の引き渡しを行い、土地と住宅双方に住宅ローンを利用する必要があります。

 

また、親から借りたなど、一般的な住宅ローンでない場合も控除が受けられないので注意しましょう。

 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

 

今回は、住宅ローン控除の延長と適用条件についてご紹介いたしました。

 

消費税増税が迫っていますが、住宅ローンの控除が延長されるので、増税後の方がお得になる可能性が高くなります。

 

控除を受ける場合は、適用条件に当てはまるようにローンを組み、お得にマイホームを手に入れましょう!

 

新築一戸建ての購入を検討されている方がいましたら、ケイオー不動産株式会社までお気軽にお問い合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る