子供部屋どうする?家の間取りにうまく作るレイアウトご紹介!

不動産コラム

家の間取りによっては、子供部屋のレイアウトに工夫を必要とするケースがあります。

 

いつから子供部屋を間取りに取り入れればよいのかも、悩む方が多いのではないでしょうか?

 

子供部屋の理想的なレイアウトや、用意する時期についてご紹介しますので、マイホームの間取りを検討中の方はぜひ参考にしてくださいね。


家の間取りから理想の子供部屋レイアウトを考える

 

家の間取りから理想の子供部屋レイアウトを考える


子供部屋のレイアウトは、家の間取りによって考える必要がでてきます。

 

兄弟姉妹がいたりして、それぞれに個室をもつのが難しい場合もあるかもしれませんが、工夫次第で理想的な空間は作りだせます。

 

部屋を家族や兄弟で共有する場合の、おすすめの方法をみていきましょう。

 

▼カーテンやパーテーションで仕切る

 カーテンなどを仕切りに使うことで、勉強や就寝時にプライベートを確保しやすくなります。

 

普段は仕切りを開けておけば、部屋を広く使えるので、TPOに応じて使い分けられて便利です。

 

▼二段ベッドで仕切る

 子供部屋を兄弟姉妹で共有する場合、仕切りたい場所に二段ベッドを置き、ベッドにカーテンやロールスクリーンを取り付けて、部屋を仕切ります。

 

ベッドで寝る家庭であれば、限られた個室スペースを有効利用できる方法でしょう。

 

▼収納棚で仕切る

背板のない収納棚を、仕切りたい場所に配置しましょう。

 

目隠し代わりに本やボックスを棚に入れておけば、収納を兼ねられるので一石二鳥です。

 

家の間取りに子供部屋を作る適切な時期はいつから


子供部屋を作るおすすめの時期は、子どもに自我が芽生え始める年齢です。

 

個人差がありますが、一般的に10歳前後が良いタイミングといえるでしょう。

 

10歳を過ぎる小学校高学年にもなると、自身の判断で物事を進められるようになります。

 

学校の宿題なども一人でできるようになり、調べ物や趣味の時間を単独でもちたくなる子もいるでしょう。

 

いつから子供部屋を間取りに取り入れるか悩んだら、まずは10歳前後を基準にして、性格に合わせて検討してくださいね。

 

また、一緒に家具の配置やコーディネートを楽しんだり、子どもの好みを活かすお部屋を作ったりすれば、よりよい親子関係の形成に役立つのではないでしょうか。

 

まとめ


子供部屋のレイアウトは、工夫次第で理想的なお部屋作りを楽しめます。

 

いつから子供部屋を作るか悩んだときは、小学校高学年くらいの自我が芽生え始めるころを目安にするのがおすすめです。

 

親子で一緒にレイアウトを考えたり、子どもの好みに合わせたコーディネートにしたりするのもよいでしょう。

 

子どもが快適に自分の時間を過ごせるよう、工夫を楽しんで、レイアウトを検討してくださいね。

 

マイホームのご購入を検討中の方は、お気軽にケイオー不動産株式会社までお問い合わせ下さい。

 

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る