建売住宅と注文住宅の違いを知り満足度の高いお家を手に入れよう

不動産コラム

建売住宅と注文住宅は、単に金額の違いだけではありません。

 

違いを知れば適した家づくりを選択できるので、満足度の高いマイホーム購入につながります。

 

建売住宅と注文住宅のメリットデメリットをご紹介しますので、両者の違いを比較してみましょう。


建売住宅のメリット


建売住宅と注文住宅の違い:建売住宅のメリット


建売住宅はすでに建築済みの建物を土地付きで購入します。

 

一般的に、似たような戸建て住宅を多数販売しているケースが多いです。

 

土地を探す手間がなく、土地と建物を別々に購入するより購入金額が割安です。

 

完成物件は実物を見てから購入を決められるので、金額の高いお買い物として安心感があるでしょう。

 

すでに建築済みか設計が終わっているかなので、打ち合わせが少ない手軽さもメリットです。

 

入居までの期間が比較的短く、物件が完成していれば約1ヵ月、スタート段階であれば約4か月で引っ越せます。

 

建売住宅と注文住宅の違い:建売住宅のデメリット


間取りやデザインがあらかじめ決まっているので、設計の自由度が低く、好みに合わせた家づくりができません。

 

デザインだけでなく工法など、建物の土台となる部分の変更も難しく、完成物件は施工途中のチェックが困難です。


建売住宅と注文住宅の違い:注文住宅のメリット


細部に至るまで、思い描く家づくりを追及できます。

 

工法や間取りなどの大枠から、壁紙などの内装、キッチンやトイレなどの設備にいたるまで、自由に選択できるのが魅力です。

 

予算内でさまざまな仕様をコントロールできるので、低コストな家づくりもハイグレードな家づくりもできます。


建売住宅と注文住宅の違い:注文住宅のデメリット


土地から探す必要があり、設計プランの打ち合わせも多いため、完成までに時間がかかります。

 

一般的に3ヵ月~6ヵ月程度の期間が必要です。

 

また、自由度が高いだけに考える手間が多く、労力をかなり要するでしょう。

 

ハウスメーカーなど、規格が決まっている業者に依頼した場合、自由度に制限があるかもしれません。

 

まとめ


建売住宅と注文住宅の良し悪しをしっかり比較すれば、おのずと適した住宅が見えてきます。

 

一言でまとめると、効率性を求めるなら建売住宅、こだわりたいなら注文住宅でしょうか。

 

価格については、建て方次第では注文住宅でも低コストに建築できるので、判断材料にしないことをおすすめします。

 

マイホーム購入は人生最大のお買い物かもしれません。

 

ぜひ満足度の高いお家づくりをしてくださいね!


横浜市にお住まいのファミリーの方でマイホーム探しをしているなら、ケイオー不動産株式会社にお任せください。

 

気になる不動産物件について何かご質問などがありましたら、お気軽にお問い合わせください。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る