ファイナンシャルプランナーに相談する内容は事前にまとめておこう!

不動産コラム

ファイナンシャルプランナーは、住宅ローンや保険のことなどに関するお金の専門家です。

 

長期間のローン返済に及ぶ住宅購入は、さまざまな観点から資金計画を立てる必要があります。

 

ファイナンシャルプランナーはローンに関係する専門知識を有していますから、不動産売買をしたいときに相談すれば適切なアドバイスを受けられます。


ファイナンシャルプランナー


ファイナンシャルプランナー(FP)とは?


ファイナンシャルプランナーとは、住宅ローンや年金、投資信託、保険など金融全般の専門家です。

 

例えば住宅ローンは銀行等を通して利用しますから、ローン担当者はもちろん詳しい知識を持っています。

 

しかしそれ以外の部分に知識を持っているとは限りませんし、専門家の視点ではアドバイスできません。(法律で制限されているケースも)

 

一方でファイナンシャルプランナーはFP相談といった形で、業種に関係なく多岐にわたってお金に関する知識の説明やアドバイスができる専門家です。

 

ファイナンシャルプランナーは住宅ローンの相談ができる


ファイナンシャルプランナーは、ライフイベントに即したライフプランの作成を依頼できます。

 

また不動産売買の場面では、難しい専門用語や税知識が求められることがあります。

 

ファイナンシャルプランナーに相談すれば、住宅ローンの仕組みや不動産に関する税金の内容も解説してもらえるでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーに相談するメリット


・客観的なアドバイスを受けられる

 

FP相談はいわば、セカンドオピニオンのようなものです。

 

「ローンを組んで家を購入したいが、教育資金を貯めるため学資保険に加入したい。老後資金を確保するため投資にも興味がある」と考えていたとします。

 

住宅ローンは銀行、学資保険は生命保険会社、投資は証券会社が専門です。

 

それぞれ別の業種でありながら、お金の面では密接に関係しているので家計から切り離して考えることはできません。

 

しかしファイナンシャルプランナーなら優先順位や、メリット・デメリットを第三者視点でアドバイスしてくれます。

 

・無駄を省ける

 

住宅ローンを組むと、団体信用生命保険(団信)に加入します。

 

団信はローン返済中に契約者が万が一のことがあったとき、契約者に代わって残債を支払ってくれる保険です。

 

しかしこれとは別に死亡保障のある生命保険に加入していれば、内容が一部重複することになります。

 

そこでファイナンシャルプランナーに相談すれば、無駄な保険料を払っていないか判断してくれます。

 

まとめ


相性の良いファイナンシャルプランナーに出会えれば、住宅取得の相談から終活まで長きにわたって頼りなる存在です。

 

FP相談では税金の仕組みや不動産のお金に関することまで、さまざまな相談内容を受け付けていますからマイホームを購入する際はぜひ活用してみてください。

 

ケイオー不動産株式会社では、不動産情報を豊富に取り扱っております。

 

住宅ローンに関する悩みがございましたら、お気軽に当社までご相談ください

 

 

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る