新築でテレビを見るためには準備が必要?新築でテレビを見る方法の画像

新築でテレビを見るためには準備が必要?新築でテレビを見る方法

不動産コラム

新築でテレビを見るためには準備が必要?新築でテレビを見る方法

念願の新築マイホームに引っ越ししてきたものの、さまざまな手続きや準備に追われて忙しい、という方は少なくありません。
なかでも案外気づかないのが、テレビの視聴環境を整える方法です。
そこで今回は、新築をご検討の方、新築物件でテレビが見られず困っている方に向けて、テレビを視聴する準備や方法についてご紹介いたします。

弊社へのお問い合わせはこちら

新築物件ではテレビを見る準備が必要?

通常、マンションやアパートでは入居者がすぐにテレビを視聴できるように環境が整っているところがほとんどで、ケーブルをつなぐだけで視聴が可能です。
一方、新築戸建て物件の場合は、その環境が用意されていません。
そのため、背面のケーブルを接続しただけでは、テレビ自体の電源は点くものの、テレビ番組を見ることはできません。

新築物件でテレビを見る方法とは?アンテナ工事の費用とは

基本的に、テレビを見るためには次の3つの方法があります。

●アンテナ工事をおこなう
●ケーブルテレビを契約する
●光回線を契約する


一つ目は、屋根の上などにテレビアンテナを取り付け、電波を受信する方法です。
アンテナを取り付ける際の工事費用がかかりますが、一度取り付けてしまえば月額料金などなく視聴が可能なため、長期間テレビを見る家庭にとっては一番トータルコストがかかりません。
また、依頼から取り付け工事完了までの期間が早いことも特徴なので、すぐにテレビを見始めたい家庭にもおすすめです。
二つ目のケーブルテレビは、最寄りのケーブルテレビ局から有線を引く方法なので映りがよく、電波が弱い地域で重宝されています。
専門チャンネルやインターネット・電話回線などをまとめて契約することも可能です。
一方、月額料金がかかるうえ、契約内容によっては解約の際料金が発生するため、他社への乗り換えが難しくなる点がデメリットです。
三つ目の光回線は、フレッツ光などの光サービスを利用する方法です。
高速インターネット回線と電話を同時に工事・契約することができ、またテレビのチャンネル数も豊富なため、近年利用者が増えています。
ただし、プランやオプションの選択が複雑なうえ、申し込みから工事までに期間を要するため、事前に下調べをする必要があるかもしれません。
また、ケーブルテレビと光回線の場合は、屋根の上や室内にアンテナを建てる必要がないので、景観が気になる方にはおすすめです。

まとめ

今回は、新築をご検討の方、新築物件でテレビが見られず困っている方に向けて、テレビを視聴する準備や方法について紹介いたしました。
テレビを見るためには複数の方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあるということがご理解いただけたかと思います。
料金形態や、インターネット・電話回線契約の有無などを加味し、ご家庭にあう方法を選択されることをおすすめします。
不動産売却を検討している方は、私どもケイオー不動産株式会社お任せください。
また、売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る