不動産がなかなか売れない?不動産売却が長引く理由と解決策を考えてみましょう!の画像

不動産がなかなか売れない?不動産売却が長引く理由と解決策を考えてみましょう!

不動産コラム

不動産がなかなか売れない?不動産売却が長引く理由と解決策を紹介!

不動産を売却することを決めたら、できれば早く手放したいものです。
不要な不動産を長い期間手元に置いておくと、固定資産税がかかります。
また、売り出している期間が長引くほど、不動産が売れにくくなることも。
この記事では、不動産売却が長引いてしまう原因と、早く売却するための解決策を考えていきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却が長引く理由は?どうして長引くのかを解説します

不動産売買にかかる平均の期間は、5か月から6か月程度です。
不動産会社を決めるまでに1か月程度かかり、売却活動で3か月程度、契約から引き渡しまでに1か月程度かかるのが平均の期間になります。
ところが、売却までに1年程度かかってしまうケースもあるようです。
売却活動が平均の期間よりも長引いてしまう原因を考えてみましょう。
1つ目は、物件の立地や不動産の状態の問題です。
もともと需要がない場所にある不動産や、使いにくい不動産は売却までに時間がかかることがあります。また、中古戸建ての場合はホームステージングをして、内見に来られるお客様に「ここに住みたい」、と思わせるような片付けや演出を施すことも大事です。ケイオー不動産にはホームステージング1級の資格を持つホームステージャーが在籍していますので、安心してお任せいただけます。
2つ目は、売却価格が相場より高い場合です。
同じような立地で同じような不動産であれば、安い不動産を購入したいと思うのは当然のことでしょう。
3つ目は、不動産の売り出し時期の問題です。
就職や転勤など人が動くシーズンの方が、不動産は売れやすいといわれています。
人が動かないシーズンに売り出すことで、売却までに長引くこともあります。

不動産売却が長引く原因の解決策!ちょっとしたことで早めに売却できます

不動産売却が長引くと売れない理由を買い手が邪推するため、さらに売れにくくなることがあります。
できるだけ早く売れるように、不動産売却が長引かないようにしましょう。
不動産売却が長引く原因を解決するために最も大切なのは、不動産会社をしっかり選ぶことです。
どの不動産会社に仲介を依頼しても同じ、ではありません。
安心して仲介を任せられる不動産会社に仲介を依頼しましょう。仲介会社だけではなく、売却価格の設定も重要です。
とりあえず高値で売り出して、売れなければ値段を下げていけばいいと考えている人もいますが、それが不動産売却を長引かせる原因になります。
高い値段のものが下がっていくと、どうしても印象が悪くなります。

まとめ

不動産売却を検討している方は、ぜひ私どもケイオー不動産株式会社お任せください。中古戸建ての売却のお手伝いを弊社在籍のホームステージャーがお手伝いをさせていただきます。また、売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る