浴室の寒さ対策と問題点を知っておこうの画像

浴室の寒さ対策と問題点を知っておこう

不動産コラム

浴室の寒さ対策と問題点を知っておこう

横浜市泉区で新築物件を検討されているなら、意外な盲点となる、浴室の寒さ対策も知っておきましょう。
冬の季節になると、浴室が冷え込んで寒くなる、ということは珍しいことではありません。
間取りによっては暖房をするスペースを確保するのが難しくなってしまうことがあります。
事前に浴室の寒さ対策を講じておけば、快適に過ごすことができます。
この記事では冬の浴室の寒さの原因とその危険性、また寒さ対策について紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

冬に浴室が寒くなってしまう原因とは

冬に浴室が寒くなってしまう原因については、十分に暖房設備や防寒設備が整っていないことが理由にあげられます。
具体的には、暖房設備がないか、十分な機能を果たしていない可能性があります。
また、断熱材が十分に配備されていないなどの理由になるでしょう。
浴室が広すぎると暖房設備が用意されていたとしても、暖まるまでに時間がかかってしまうこともあります。
これらの対策は事前に物件を確認しておけば、対策を講じることができますのでチェックしておくとよいでしょう。

寒さから発生するヒートショック

浴室の寒さから発生する健康上のリスクとしてヒートショックが指摘されています。
具体的には、脳卒中や心筋梗塞などの健康上のリスクです。
当然、高齢者や年齢が高い方、持病がある方などのほうがリスクが高くなってしまいます。
浴室では、寒暖差があるため、このような健康上のリスクを防ぐためにも、冬に急激に浴室が冷え込むようなことのないよう、対策を講じておくことをおすすめします。

浴室の寒さ対策の方法として

浴室の寒さ対策の方法としては、簡易的でもよいので、暖房設備などを用意しておくのがよいでしょう。
また、入浴の2、3時間前から窓を閉めて暖房の効果を高めるのも方法です。
このほか、新築時に浴室暖房乾燥機を設置して暖房機能を強化する方法があります。
この機能があれば冬でも浴室を簡単に温めることができるのでおすすめの機能です。

おすすめ|広い中古物件特集はこちら!

まとめ

横浜市泉区で新築物件を検討されているのでしたら、冬に浴室が冷え込んでしまうようなことがないよう、事前に注意しておくことがよいでしょう。
健康上のリスクとしてヒートショックなどの危険もありますし、快適に冬に入浴を楽しむことができなくなってしまいます。
浴室の環境に関しては、新築時にあまり気にしないポイントになりがちですが、長く住むとなると、快適に過ごすうえで大切になりますので、よく確認しておき、リクエストの項目に入れておくとよいでしょう。
ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区の一戸建て物件を多数取り扱っております。
ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る