一戸建ての庭デザインで意識したいポイントを紹介!導線や手入れに注意!

不動産コラム

戸建ての購入にあたって意識すべきポイントが庭の手入れです。

 

庭は毎日足を踏み入れる場所ですし、外部からも直接目に触れるエリアでもありますので、購入の段階で住まいの導線や手入れの方法についてポイントを絞って具体的にシミュレーションしておく必要があります。

 

住まいの購入後に後悔することのないように、戸建て住宅の庭のデザインのポイントについて考えていきましょう。

 

一戸建ての庭デザインで意識したいポイントを紹介!導線や手入れに注意!



導線を考慮した一戸建ての庭デザインのポイント


 

戸建て住宅で意外と見落としがちなのが庭のデザインです。ここでは、一戸建ての購入前に考えておきたい導線デザインについて見ていきましょう。

 

<庭のデザインで特に注意したいポイント>

 

バルコニータイプの一戸建て住宅の場合は、リビングスペースからの導線を考慮しておく必要があります。

 

特に、バルコニーを物置や洗濯スペースとして活用する場合、リビングからの導線を考慮していないつくりだと、ちょっとした移動にも余計な時間がかかり、暮らしていくうえで非常に不便です。

 

将来的なリフォームにそなえ、駐車場としても利用できるようにしておくとリタイア後の生活が便利になりますし、場合によっては駐車場の収入を副収入につなげることもできます。

 

また、外部の目に直接触れるスペースですので、お子さんがいる御家庭では侵入経路になりにくい場所になっているかどうか、プライバシーがしっかりと守られているか、ということを考慮に入れて設計する必要があります。

 

一戸建てで考えたい庭の手入れポイントとは?


 

一戸建ての購入にあたっては導線とともに、手入れ方法についても具体的にシミュレーションしておくことがポイントです。

 

<長期的なシミュレーションが大切>

 

コンクリートで完全に固めないかぎり、一戸建ての庭では定期的なメンテナンスが必要になります。

 

当然、面積が広くなるほど定期的なメンテナンスが難しくなり、体力もその分だけ必要になるため、高齢世帯の住む一戸建てではメンテナンスが充分にできず、何年も放置されている、というケースが少なくありません。

 

一戸建てのプランター部分のメンテナンス方法には、草刈り、除草剤、コンクリートで固める、などがあります。

 

草刈りと除草剤については業者にまかせる、という方法もありますが、コストもかかりますので慎重なシミュレーションが必要になります。

 

【まとめ】

 

一戸建て住宅で意外と困るのが庭の手入れです。

 

購入前に動線をしっかりと確保しておくことで、生活スペースとしての利便性が向上しますし、プライバシーも保たれます。

 

高齢世帯の場合はメンテナンスだけでも多大な労力になりますので、必要ならば業者に依頼するなどして無理のないメンテナンスを実現しましょう。

不動産売却を検討している方は、私どもケイオー不動産株式会社にお任せください。

 

また、売却査定も行っておりますので、お気軽にご相談ください

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る