二世帯住宅のこと知っていますか?メリット・デメリットも紹介します

不動産コラム

ひとくちに二世帯住宅と言っても、実際にはいくつかのタイプが存在します。

 

二世帯住宅を検討している人は、自分たちのライフスタイルにどんな二世帯住宅が適しているかじっくり考える必要があります。

 

今回は、二世帯住宅のタイプについてメリット・デメリットも含めながら解説します。


二世帯住宅


 


二世帯住宅は完全分離型だけではありません


 

まずは、二世帯住宅の3つのタイプについて解説します。


 

<完全同居型>

 

完全同居型は、ひとつの一戸建てに二世帯が一緒に住むタイプです。

 

最大のメリットは建築費用が安く済むことですが、大人数での生活にすぐなじめない点や良い関係を保つのに苦労する点がデメリットとなります。


 

<部分共用型>

 

玄関などを共用しつつ、室内での居住空間を独立させる二世帯住居が部分共用型です。

 

部分共用型のメリットは、緩やかにつながることでお互いの存在感を感じながら安心して生活できることです。

 

完全に分離しているわけではないため、メリットであるはずの緩やかなつながりがかえってデメリットになる場合もあります。


 

<完全分離型>

 

完全分離型は、戸建ての中で完全に世帯を別にしてしまうタイプの二世帯住宅です。

 

たとえば、2階建て以上の戸建てに2階専用の玄関と外階段を設けて上下階に分かれて住む方法があります。

 

また、建物の中央に壁を設けて左右で世帯を分ける方法もあります。

 

どちらの世帯もプライバシーが守りやすいメリットがありますが、その分建築費用がかかることがデメリットです。

 


二世帯住宅にかかる費用は?


 

新築の二世帯住宅を建てる費用は、普通の新築戸建てと比べてやや高くなります。

 

特に完全分離型は費用がかかるため、自分たちの予算やライフスタイルにどの二世帯住宅が適しているかしっかり検討する必要があります。

 

また、どのタイミングで二世帯住宅にするべきかも考えておく必要があります。

 

たとえば親世帯の土地を利用できるなら安い費用で建てることが可能ですし、親の介護などの必要が生じたときもよいタイミングかもしれません。

 

また、二世帯で住むことで節税対策にもなります。

 

これらのことを考慮しながら、二世帯住宅を考えてみるのもいいでしょう。

 


まとめ


 

今回は、二世帯住宅の種類やそれぞれのメリット・デメリットについて解説しました。

 

親世代との同居は大変と思われがちですが、これらのパターンを熟知することで快適な暮らしを実現できそうです。

 

今回の記事を参考にしながら、居心地がよく有意義な二世帯住宅をつくりたいですね


ケイオー不動産株式会社は、横浜市泉区・戸塚区のマンション・一戸建て物件を多数取り扱っております。

 

ご質問やご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

”不動産コラム”おすすめ記事

  • 私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介の画像

    私道に接する不動産は売却できる?私道の種類やポイントも紹介

  • 不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証の画像

    不動産の売却時におこなう測量の意義とは?必要性と費用を検証

  • 不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介の画像

    不動産の購入おける競売とは?特徴やメリットデメリットを紹介

  • 住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリットの画像

    住宅ローンでボーナス払いを選ぶ前に!知っておきたいメリット・デメリット

  • 不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法の画像

    不動産売却で上限額が高くなる?ふるさと納税の上手な活用法

  • 正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法の画像

    正しい手順でトラブル回避!共有名義の不動産を売却する方法

もっと見る