金利の低い今がマイホーム購入にベスト!超低金利の理由とは?

住宅ローン

金利の低い今は、マイホームを購入するタイミングです。

 

超低金利が続いているうちに借入すれば、損失少なくローンを組めます。

 

住宅ローンに欠かせないお金の動きにについて、仕組みや市場の流れから概要を押さえ、なぜ今がマイホームの買い時なのか探っていきましょう。


低い金利で家購入

 

低い金利で家購入①金利が上下する仕組み


超低金利は家を購入しやすい!を知って頂くために、金利が上下する仕組みを解説します。

 

金利は、景気や物価、為替や株価など、国内外の多種多様な要因により上下する仕組みです。

 

基本的な考え方として、金利は、借りたい人が多いほど高くなり、景気と物価の上下に比例します。

 

まず、景気がよくなると人はお金を使おうとするので、多少利子が高くなっても借入しようとします。

 

借入に需要があれば、金融機関は強気で貸し出せるので利率を上げるのです。

 

また、お金が回ることは購買意欲にもつながっているので、物価も上昇していきます。

 

当初に述べたように、物価が上がれば景気も上り、金利も併せて上がっていき、ひとことで言うならインフレ状態です。

 

この反対をデフレといい、今の日本の状況を指すといえるでしょう。

 

低い金利で家購入②日本の金融政策


家を購入しやすい超低金利には、日本の金融政策が関係しています。

 

金融政策は利率操作によって景気を是正し、経済を発展させていく役割をもちます。

 

バブル景気やITバブルの崩壊に加え、リーマンショックによる世界金融危機も相まって、デフレからなかなか脱却できない日本は大規模金融緩和を実施。

 

アベノミクスの経済政策の一環にはもちろん金融政策が入っており、大規模金融緩和の追加政策として、2016年からはマイナス金利政策が導入されています。

 

未曾有の金融政策で、インフレへの転換を図っているのが今の日本といえるでしょう。

 

低い金利で家購入③なぜ金利が下がっている


家の購入に適した超低金利の理由は、アベノミクスによる一連の金融政策です。

 

市場にお金が出回るように、日本銀行が民間銀行の国債を買い取り、民間銀行の貸出資金を増やして利率を下げさせています。

 

利率が低いと借入れようと考える人が増えるので、現在、景気や物価の低い次元でインフレを作りだそうとしているのです。

 

インフレ目標値の2%を達成するまでは、今のマイナス金利などの金融政策が無期限に施行され続けるようですよ。

 

まとめ


なぜ、今がマイホーム購入に適した時期かというと、マイナス金利政策による超低金利で住宅ローンを組めるからです。

 

先立つモノがなければ生活できません。

 

お金の動きを把握することは、マイホーム購入を成功へと導く要因となるでしょう。

 

私たちケイオー不動産株式会社では、一戸建て物件を豊富に取り揃えております。

 

ぜひ、当社へお気軽にお問い合わせください。

”住宅ローン”おすすめ記事

  • マイホーム購入における頭金の貯め方とは?の画像

    マイホーム購入における頭金の貯め方とは?

  • マイホームを購入するときの銀行や住宅ローンの選び方についての画像

    マイホームを購入するときの銀行や住宅ローンの選び方について

  • 消費税増税後の住宅購入は損?住宅ローン減税や補助金がもらえる制度とは?の画像

    消費税増税後の住宅購入は損?住宅ローン減税や補助金がもらえる制度とは?

  • 住宅ローンを利用すると確定申告で減税できる?控除を申請する方法は?の画像

    住宅ローンを利用すると確定申告で減税できる?控除を申請する方法は?

  • 住宅ローン控除で大きく節税!還付金額や手続きは?の画像

    住宅ローン控除で大きく節税!還付金額や手続きは?

  • 住宅ローンの選び方は?銀行ごとの違いも解説します!の画像

    住宅ローンの選び方は?銀行ごとの違いも解説します!

もっと見る